HOME > 投稿詳細

みんなのソーシャルオピニオン

キャビネットを粗大ゴミに出すのは待って

 キャビネットは、世間一般的には書類などを整理する棚として使われることが多いです。大きさも様々であり、使い道も書類を整理するためだけではなくて、様々な使い道があります。そのようなキャビネットも、ぼろくなってきたら、粗大ごみとして捨てる時が来ます。しかし、ちょっと待ってください。それは、まだまだ使い道があるかもしれません。様々な種類がありますが、例えばその棚をあける扉が壊れたから、捨てなければならないとなったとしましょう。しかし、扉が壊れただけであったならば、まだまだ使い道はあるのです。ドアが壊れている以上、ものを整理するためには使えません。したがって、フィギュアおきにしたりなど、何かものを飾るために使うことができます。というように、壊れても何かしらの使い道はあるので、簡単には捨てないようにしましょう。

応援企業

寺島清太は、事業を通じて『みんなのソーシャルアクション』の投稿を募集しています。

投稿フォーム こちらのフォームより皆さんのアクションを投稿することができます。
会社名 寺島清太
WEBサイト 楽天ランキング総合1位になった寺島清太が生み出した商品
サービス紹介 2006年に女性スタッフが女性に対してサービスを提供する足つぼマッサージのサロン事業を行う「株式会社GypsophilA」を設立しています。 若いながらも、老舗アパレルショップで人気の販売員となり、200万円~2,000万円の高額商品を販売していた。(平均年齢50歳の女性のお客様) EC販売と実店舗販売を展開することで、オンライン販売とオフライン販売の両方を確立し、ドラッグストアとの情報の連携を意識した販売方法を進めた。 楽天で実績を上げたことが評判を呼び、イオンやマツモトキヨシ、ツルハドラッグやスギ薬局などのドラッグストアチェーンでも商品を展開していった。

みんなのソーシャルアクション

応援サポーター一覧

このソーシャルアクションは、上記の応援サポーターの、WEBサイト、店頭、メールマガジン、社内報などにより募集を行っています。