和太鼓特別 ボディパーカッション 講習 |イベント・講習会|和太鼓 教室(大阪・京都・兵庫・滋賀)

特定非営利活動法人(NPO法人)和太鼓教育研究所
電話番号078-412-2060。お気軽にお電話ください。
トップページお問い合わせ法人案内サイトマップ
お問い合わせ
メール
和太鼓教育研究所・フォト

すぐできる“みんな楽しい”ボディパーカッション教育

和太鼓教育研究所・フォト

セミナー名

『“紅蓮華”に合わせてできるボディパーカッション(音楽LiSA)
音程のない楽しい合唱“ボイスアンサンブル”・
音楽鑑賞に合わせたボディパーカッションなど 』

「インクルーシブ教育」合理的配慮にも適した実践法
日時 7月28日 (木) 13:30〜16:30 
受講料 6,000円
定員 50名
講師 山田 俊之(ボディパーカッション教育考案者)
会場

明石市「ウィズ明石」8階801
(複合型交流拠点ウィズあかし・アスピア8階・JR・山陽明石駅徒歩5分)

音楽 「紅蓮華」音楽:LiSA 2019
内容

ボディパーカッション”は、1986年(昭和61年)に山田氏が当時小学4年生の子ども達を担任したとき、あるキレる男の子への関わりをきっかけにして、学級経営の一環としてクラス全体で身体を叩いてリズムアンサンブルを行うことから始まりました。「ボディパーカッション(body percussion)」という名称は、手拍子、お腹を叩く、膝を打つ、足踏み、ジャンプ、お尻を叩くなど身体の様々な所を叩いて音を出し、リズムアンサンブルを作り上げる事から名付けられています。講習会ではボディパーカッションの楽しい実技、指導法を、最近の山田氏の実践エピソードなどを織り交ぜながら進めていきます。
今回は、基礎的な実技講習をした後、大ヒットアニメ「鬼滅の刃」のテーマ曲、LiSAさんの「紅蓮華」に合わせてできるボディパーカッションを行います。パワフルな歌とサウンド、ビートが効いたリズムに後押しをしてもらいながら、楽しいボディパーカッションを創りましょう。今回参加された方への 特典として、山田氏より“紅蓮華”のためのボディパーカッションの楽譜をプレゼント!いたします。
(「世界は教科書でできている」(NHK総合2021年11月3日放送)で取り上げられました!)
また、音程が取れなくても大丈夫な合唱“ボイスアンサンブル”も実際に演習していただきます。

さらには、音楽鑑賞する際に楽しめる「鑑賞曲に合わせたボディパーカッション」なども、最近の実践事例も交えて講習いたします。「インクルーシブ教育」においてもボディパーカッション教育は非常に適しており、多くの教育・保育関係者の皆さまにおすすめする講習の一つです。

山田 俊之
名前 山田 俊之 Yamada Toshiyuki
講師
プロフィール

九州大谷短期大学教授。
福岡女学院大学非常勤講師(教職課程)。
九州大学大学院人間環境学府後期博士課程修了(教育システム専攻)。
ボディパーカッション教育振興会代表。
1986年小学校教師の時、気になるA男(キレるタイプ)をきっかけに“仲間づくり”として「手拍子、ひざ打ち、おなかを叩く、足踏みなどのリズム身体活動」を考案し、「ボディパーカッション教育」と名付ける。2001、04、06年、NHK交響楽団コンサートマスター篠崎史紀氏と共同企画で、「NHK交響楽団とボディパーカッション演奏会」を開催、その指揮を務める。
第44回NHK障害福祉賞最優秀賞、第60回読売教育賞最優秀賞(特別支援教育部門)。
2014年よりJHP「学校を作る会」、JICA、カンボジア教育省カリキュラム編成局との共同プロジェクトで、ボディパーカッション教育を取り入れた教材開発を行う。
2017年8月オーストリア・ウイーン国立歌劇場・ウイーン国立高齢者福祉施設で、
2019年米国ニューヨーク・カーネギーホールで、障害があっても楽しめる子供のインクルーシブ音楽教育教材の作品発表し好評を得る。
NHK 2020応援ソング「パプリカ」で、フーリン楽団でボディパーカッション指導を担当し、様々な障害の子供とフーリンのメンバーにボディパーカッション指導を行う。
「花火」が平成17年小学校3年音楽科教科書、「手拍子の花束」が平成24年度文部科学省編集特別支援教育音楽科教科書に採用。著作多数。

第44回NHK障害福祉賞最優秀、
第60回読売教育賞(特別支援教育部門)最優秀 「花火」が平成17年小学校3年音楽科教科書、「手拍子の花束」が平成24年度文部科学省編集特別支援教育音楽科教科書に採用。
著作多数。

子どものやる気をひきだすセミナー お申込みについて

 

◆講習のお申込み方法 

  1. 「お申込み書」で、下記のメールアドレス・FAX番号に送信してください。
    「お申込み書」 PDFダウンロード
    FAX078-412-2070
  2. 申し込み書は全ての欄をご記入ください。メールの場合は申込書を手書きで記入後、写真添付するか、記載内容のすべての内容をテキスト上に記入して送信してください
  3. 住所」は書類を郵送するために、必ず受け取れる先をご記入ください。
  4. 「電話番号」は職場の電話番号のみは不可です。事務局が、緊急に連絡をする場合に必要な、受講ご本人に届く電話番号・メールアドレスを必ずご記入ください。(緊急の場合、土日祝日などにご連絡しなければならないこともあります。メールアドレスは「@wadaiko-edu.org」からのメールを受信できるように設定をお願いします)
  5. 申込書到着後、事務局より「受講のご案内一式」を郵送いたしますので、しばらくお待ちください。受け取り後は速やかにお手続きください。
  6. 受講のご案内一式」とは、受講料振込用紙・講習会場地図・持ち物・特記事項が入った書類一式です。封筒表には、「子どものやる気を引き出すセミナー関係書類在中」の文字が入っています。
  7. 同一職場から複数お申込みの場合、お申込み時の代表者のお名前でまとめた形で発送します。


◆受講キャンセル規定 

お申込み頂いた方のご都合でやむを得ず、キャンセルする場合は、以下の規定に基づいてキャンセル料を申し受けます。
お申込み時にご了解いただいた上でお申込み書の送信をいただきますようお願いいたします。

  1. 事務局にFAXが着信した日、メールを受信した日を含む8日間は、キャンセル料不要。
  2. 講習当日を含まない14日前までのキャンセル料は、1講習ごとに受講料の3分の1の額。
  3. 講習当日を含まない2日前までのキャンセル料は、1講習ごとに受講料の半額。
  4. 講習前日と当日キャンセル料は、受講料の全額。
お申込み日が、お申込み講習当日から7日以内に申し込まれてキャンセルされる場合は、上記「1.」は適用せずに、 講習当日までの残り日数のキャンセル料を申し受けます(講習当日までの残り日数で「3.」または「4.」が適用されます)。


◆注意事項

以下の全てについてもお申込み時にご了解を頂いたものとして受付をさせて頂きます

  1. 当講習は事前申し込み制です。講習料も事前ご入金をお願いしております。ご入金手続きが遅れ、講習当日に受付で現金でのお支払いになった場合は、遅延金として200円ご負担いただきます。また、当日にお申込みの場合は前もって受講可能かの確認連絡をお願いするとともに受講料が200円ましになりますことをご了承ください。
  2. 領収証の発行につきましては、お申し込み後の「受講のご案内」に明記致します。
  3. 講習会場等の都合により、急遽会場が変更になる場合があります。また和太鼓講習では、担当講師の急な病気などで急遽講師が代わる場合があります。
  4. すべての講習の動画撮影・写真撮影は一切できません(講師の許可がある場合は講習中にお伝えします)。SNS等、WEB上へのアップロードも一切できません。
  5. 主催者が、資料のため動画撮影・写真を撮る場合があります。動画は資料用で外部に出ることはありません。講習風景  写真は研究所資料・パンフレット用などに使用しますので、写ることができない方はスタッフまでお申し出ください。
  6. 新型コロナ感染症不安に対しては、対策を講じながら講習いたします。ただし、受講は自己責任でお願いいたします。
  7. 主催者が地震・台風・その他開講が危険と判断した場合は、中止または日程振替・延期する場合があります。振替日程に 参加が難しい方は受講料の返金をいたします。
    (返金は銀行振り込みのみで行いますので銀行口座番号の情報をいただきます。また、振込手数料のご負担をいただきますことをご了承ください。現金書留等でのご返金はできません)

和太鼓教育研究所・イラスト<個人情報の取り扱いについて>
(特)和太鼓教育研究所では、講習会のお申込み時などにお客様の情報をご登録いただいております。ご登録いただいた個人情報は講習会運営等のために使用します。また今後のサービスのご案内のために利用する場合があります。 お預かりした情報は、これら目的以外には、法律による場合以外は第三者に委託、提供いたしません。
ページトップ
Copyright© 2020. wadaiko-edu All Rights Reserved.